2014/09/09

東京の空を流れ行く雲

春から夏にかけて撮影した東京上空を流れていく雲のタイムラプスをまとめてみました。動画の見所は、天使の梯子と新宿方向から雷を伴って迫り来るゲリラ豪雨の雨雲。雲のタイムラプス撮影は自然任せで、土日ぐらいしか撮影機会がない自分がこういった絵を撮れたのは、かなりラッキーでした。
天使の梯子
迫り来るゲリラ豪雨
この他、桜咲く浜離宮、新宿の高層ビル、虎ノ門ヒルズを撮影したもので動画を構成しています。
地表を流れる雲の影
RX100M3
新宿駅南口の建設現場
GH4
ゲリラ豪雨の日の東京タワー
RX100M3
虎ノ門ヒルズと飛行機雲
K-3
左半分は雨が降り注いでいる
RX100M3
汐留
RX100M3
コクーンタワー
GH4
虎ノ門ヒルズの夕暮れ
GH4
浜離宮から汐留の高層ビル
GH3
東京都庁
GH4
汐留
GH4
虎ノ門ヒルズ
RX100M3
浜離宮の桜と夕暮れ
GH3
夕暮れの東京都庁
GH4
新宿高層ビル群
GH4
天使の梯子
GH4
ゲリラ豪雨の後
RX100M3
雨雲が横切る
RX100M3
東京都庁第2庁舎
GH4
夕暮れの新宿方向
GH4
Clouds above TOKYO
camera : DSC-RX100M3
camera : Panasonic DMC-GH3
camera : Panasonic DMC-GH4
lens : OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
lens : LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8
lens : SAMYANG 7.5mm F3.5 Fish-eye
camera : PENTAX K-3
lens : PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED
music : Her breath by  Arizono Kazuhiro
https://soundcloud.com/arizono-kazuhiro/her-breath

2014/08/26

A7SとAnamorphotで渋谷と芝生の上のゴジラを撮る

SLR Magic AnmorphotとSONY A7Sの組み合わせで、夜の渋谷と東京ミッドタウンで展示のゴジラを撮っておきました。
この日は神宮の花火大会
地面から生えているゴジラ
Metabonesのアダプターのファームアップデート後の動作確認を兼ねて、レンズはチープなCanonのEF50mm F1.8を使用してみました。ただし、このレンズだとAFが効かない為、、全てMFで撮影。また、Anamorphotの重量のせいでフォーカス時の鏡筒の動きがかなり渋くなるため、Anamorphotをちょっと持ち上げながらピント調整が必要と、ちょっと使いにくいです。

いつものように、アナモなレンズフレアを狙って撮影してみました。
アナモなレンズフレア
右側のオレンジのフレアは雨粒
ヘッドライトが真正面に来ないとフレアがうまく出てくれない
ゴジラの照明はLEDのため、フレアに細かい線が入る
これくらい強力な光源だとフレアも出やすい
今回もピクチャープロファイルはS-Log2(PP7)を使っています。ここに詳細な記載がありますが、やはり、S-Log2での撮影はカメラの露出計の表示よりも+1~+2EVオーバーに撮影するのが正解のようです。
ISO感度はISO3200が最低となるため、夜の渋谷の撮影では、一部、可変NDを使用しています。カラーグレーディングは、VisionColor OSIRISのLUTを当てて、RGBカーブでシャドウを持ち上げハイライトをを落とす調整しています。
湿気が多く街が霞んで見える
ハチ公前
センター街
地下鉄の出入口
東横線のホームはすっきりと
ツタヤ前
夜のほうがいい感じ
記念撮影
尻尾はくぐれる
目が小さい
なお、ゴジラのタイムラプスは、全てRX100M3を使用しています。
RX100M3でタイムラプスアプリ
RX100M3で連写
RX100M3で連写
RX100M3で連写


SLR Magic Anamorphot on SONY A7S : Shibuya
camera : SONY A7S
lens : Canon EF50mm F1.8 II
mount adapter : Metabones Canon EF Lens to Sony NEX Smart Adapter (Mark IV)
anamorphic lens adapter : SLR Magic Anamorphot 1.33x 50 Anamorphic Adapter
picture profile : PP7(S-Log2)
LUT : VisionColor OSIRIS(http://vision-color.com/osiris/) M31
music : Voyeur by Hungry Lucy
http://www.jamendo.com/en/track/524404/voyeur

Godzilla On The Lawn
camera : SONY RX100M3
camera : SONY A7S
lens : Canon EF50mm F1.8 II
mount adapter : Metabones Canon EF Lens to Sony NEX Smart Adapter (Mark IV)
anamorphic lens adapter : SLR Magic Anamorphot 1.33x 50 Anamorphic Adapter
picture profile : PP7(S-Log2)
LUT : VisionColor OSIRIS(http://vision-color.com/osiris/) M31(day),KDX(night)
music : Cello and Piano by Marcin brzozowski
http://www.jamendo.com/en/list/a121688/cello-and-piano



2014/08/06

SONY A7SでMitakonのF0.95なレンズを試す

せっかくのフルサイズ機のメリットを生かそうと、開放F0.95ながら10万以下で入手できるMitakonのSPEEDMASTER 0.95/50mmを購入し、A7Sで動画の撮影を試しました。デジカメWatchのレビューにもあるように値段の割にはいい感じで撮れ、Steave Huffさんのレビューでも高評価です。
重量が720gとちょっと重い
F0.95なレンズは、マイクロフォーサーズでNOKTONを使用した経験がありますが、NOKTONでは、開放で撮るとかなりソフトになったため、このレンズもそれほど期待はしていませんでした。しかしながら、多少の解像感やコントラストの低下、周辺の甘さはあるものの、思っていたよりシャープな印象を受けました。

以下は、開放で撮った絵です。
開放で、特に周辺は甘くなる
三越のライオン
有楽町付近の狭い路地
銀座の信号待ちの人々
有楽町の狭い路地
銀座の外人さんの親子連れ
三越のショーウィンドー
銀座の交差点
有楽町の狭い路地
有楽町のガード下
フェラーリ
ルイヴィトンのお猿さん
ボケは、2線ボケの傾向ですが、ピントを置く距離によっても変化があるようです。なお、今回もS-log2(PP7)で撮影しているため基準感度はiso3200で、昼だけでなく夜もほとんどのカットで可変ND(Tiffen Variable ND)を使用しました。

以下のカットのように、道路の向こう側やちょっと離れたビルなどは、F2.8~F5.6あたりで撮影しています。
岡本太郎

GAP
西銀座
ゴジラ
東宝と朝日新聞
新橋方向
松屋銀座
和光
見ざる言わざる聞かざる
ちょっと重いのが残念ですが、そこそこの値段で面白い絵が撮れるので、お勧めのレンズです。

Mitakon SPEEDMASTER 0.95/50mm on SONY A7S
camera : SONY A7S
lens : Mitakon SPEEDMASTER 0.95/50mm
color garding : VisionColor ImpulZ(http://www.vision-color.com/impulz/)
                Kodak Vision3 50D 5203 (DP):day
                Kodak Vision3 50D 5203 (NEG):Ginza at night
                FujiColor 200:Yurakucho at night
music : Come A Little Closer by Anne Davis
http://www.jamendo.com/en/track/1107415/come-a-little-closer