2010/11/30

NOKTON 25mmで動画を撮ってみた

コシナから発売されたVoigtlander NOKTON 25mm F0.95を入手。開放での絵と夜の動画撮影にどれくらい有用かを試してみましたが、期待以上に面白い絵が撮れました。
使ってみた印象としては、
・開放で周辺の流れはあるがそれなりの解像感あり。
・F2あたりから全体的にしゃっきりしてくる。
・開放では周辺減光があるが、自分としては好み。
・輝度差のある部分ではパープルフリンジが出る。
・逆光でフレアが出ることがあったが、NDフィルターのせいかも。
といった感じです。

昼の浜離宮、夜の銀座、夜の恵比寿ガーデンプレイスで撮った3本の動画を作りました。各画像は動画からのキャプチャ画像です。
銀座の動画はvimeoから元ファイルをダウンロードできます。

■浜離宮
NDフィルターを付けてほぼ開放で試してみました。
[撮影、編集データ]
F0.95,SS1/25-125,ISO160,AWB,Film Mode:smooth,ND8x2+ND4x1
Color Correction:Magic Bullet Quick Looks Limited buffalo(40%)
開放での撮影を試してみました
逆光での撮影ではフレアが出る場合がありますが、
NDフィルターのせいかもしれません
遠景にピントを合わせると面白い絵になります

ベンチで昼寝をしている方がいました
ちょっとミニチュアっぽくなります
今回の撮影でお気に入りのシーン


■夜の銀座
こちらもほとんどのシーンを開放で撮っています。フリッカーの発生を抑えるためにSSは1/50か1/100にしますが、夜の銀座は明るすぎるためSS1/100で撮れます。 
[撮影、編集データ]
F0.95,SS1/100,ISO160,AWB,Film Mode:smooth
No Color Correction
家路を急ぐお父さん
タクシーが通り過ぎるところ
ちょうどいいところにバイクが止まってくれました
さすがに人が多いです
アップルストア
シルバーの車にピントを合わせています
マネキンにピントを合わせています

vimeoからオリジナルのファイルがダウンロードできます(12/5くらいまで)。

[Nokton 25mm F0.95]Ginza at night from darwinfish105 on Vimeo.

■恵比寿ガーデンプレイス
もうちょっと明暗差がある夜のシーンをということで、恵比寿ガーデンプレースでバカラのシャンデリアとイルミネーションを撮ってみました。クリスマスツリーの周辺は暗くISO320で、シャンデリアは明るすぎるので絞って撮影しています。
[撮影、編集データ]
F0.95-5.6,SS1/50 or 100,ISO160 or 320,AWB,Film Mode:smooth
changed Brightness and Contrast
恵比寿ガーデンプレースに向かう動く歩道です
クリスマスツリー
シャンデリアに向かう歩道
シャンデリア撮影はF4-5.6あたりに絞っています
クリスマスツリーをぼかしてみる
ツリーを撮ろうとするお姉さん
シャンデリアの全景

2010/11/21

久しぶりに東京スカイツリーに行ってみる

久しぶりに東京スカイツリーを撮りに行ってみたら、スカイツリーの隣で建設中のビルの工事がかなり進んでいたり、セブンイレブンが開店してたり、吾妻橋の水上バスの乗り場が整備されてたり、いろいろ変わってました。2010/11/20時点での高さは497mです。

隣で建設中のビルもぐんぐん伸びる
すっかり観光地と化しています
自転車に凸面鏡をつけて、記念撮影のサービスをされている方が居ました
東武橋も人が多い
源森橋から
隅田公園から
枕橋から
吾妻橋のそばから
 ■動画

Camera : Pentax K-5
Lens : Pentax DA15mmF4ED AL Limited
Camera : Panasonic DMC-GH2
Lens : Limux G Vario 14-42mm
Music : PROPANMODE(http://propanmode.net/) continue2_010

2010/11/11

ムービー一眼の使用感(GH1/5DMarkII/α55/K-5/GH2)

自分が重視する以下の2点を判断基準としてみました。
・実物大ガンダムのコーションマークを写し出せる精細感が欲しい。
・できるだけ手持ちで撮って、その場の雰囲気を残したい。

各機種をランク付けすると、
・映像の精細感   : GH2>GH1>5D2>>α55>K-5
・取り扱いの容易さ : α55>GH2=GH1>K-5>>5D2
となります。

総合的なお勧め順としては、
1.Panasonic LUMIX GH2(写真のように動画を撮りたい方に)
2.Sony α55(休日の公園で子供と遊ぶお父さんに)
3.PENTAX K-5(見慣れた風景を変えたい方に)
4.Canon EOS 5D Mark II(腕に覚えのある方に)
5.Panasonic LUMIX GH1(ファーム改造の失敗を恐れない挑戦者に)
と考えています。

それぞれの使用感、特徴について入手順に書いておきます。

1.Panasonic LUMIX GH1(DMC-GH1)
ファームウェア改造が前提のため、お勧めはできません。
改造ファームにより精細感は向上したが、一部ジャギーが出る
FullHDが撮れるデジイチとして最初に購入したのがGH1。ノーマルの状態での絵はいまいちな印象でしたが、改造ファームで化けました。ただ、ジャギーが目立つ場合があるのが残念。また、ISO800以上になると縞状のノイズが出てきます。
改造ファームによる24p動作は、特定条件でSDカードへの書き込み失敗が発生してあきらめましたが、書き込みエラーの回避方法が見えてきたとの噂もあり、いずれ試してみようかと思います。


2.Canon EOS 5D Mark II
精細感はあるが一部ジャギーが出る場合あり
やはり、EOS MOVIEを経験しておかないとということで、中古で18万円台になったタイミングで購入してみました。40Mbps以上の高ビットレートにより映像の精細感はあるのですが、ところどころでジャギーが発生しまいます。センサー出力を間引いて絵を構成しているとの話が、納得できました。
ただ、フルサイズのセンサーによる高感度ISOでのノイズ抑制と、前後のボケの出方はさすがです。
問題なのは、ボディの大きさと重さによる取り回しの悪さ。手ブレ補正の効くレンズを購入していないので、ステディカムの使用も考えましたが、私の腕力では長時間の撮影は無理でした。基本的に三脚が前提です。つまり、自分には使いこなせないマシンですorz。


3.Sony α55(SLT-A55V)
全体的にモヤっとした感じ
17Mbpsだとちょっときついです
技術的な興味もありα55を試してみました。AVCHDの17Mbpsの映像は、全体的にモヤっとした印象を受けました。
透過ミラー採用により常時位相差AFが可能で、AF速度と追従性はさすがです。小さく、軽く、ボディ内手ブレ補正によりすべてのレンズで手ブレ補正が効き、取り回しの良さは一番です。
一時期騒がれた温度上昇警告を2度ほど経験しましたが、10秒程度の短いカットの撮影がメインの自分にとって、致命的な問題はありませんでした。
ただし、AF動作は結構うるさいので、音を重視する方は外付けマイクが必須です。
休日に公園で遊び回るお子さんや犬を手軽に撮りたい方には、最適の選択だと思います。


4.PENTAX K-5
全体的にもやっと見える
ようやく、PENTAXもFullHDを載せてきました。ビットレートは72Mbps以上ありますが、Motion JPEGの場合はH.264比較で3~6倍程度のビットレートがないと同等の画質は得られないようで、ちょっと精細感がありません。
ボディは若干重めですが、軽量な短焦点を含め全てのレンズで手ブレ補正が効きます。
K-5の最大の特徴は、トイカメラといったデジタルフィルター、リバーサルフィルム、銀残しといったカスタムフィルター、クロスプロセス等の効果を動画にもそのまま適用できる点。
写真がメインでちょっと動画も撮ってみたい方、見慣れた風景を変えてみたい方には、お勧めです。


5.Panasonic LUMIX GH2(DMC-GH2)
コーションマークをきっちり写し出せる
ジャギーもほとんど目立たない
24p/24Mbps以外ではまだ撮っていませんが、映像の精細感はGH2が一番で、まさに写真のように動画を撮れます。 ビットレートは24Mbpsであり、同じH.264の5D Mark IIより低いのですが、GH1で実現できなかったBピクチャーを入れることでより圧縮効率を高めているという説明が納得できます。また、GH1で不満であった高感度ISOでのノイズも実用可能なレベルに抑えられています。
ちょっと気になる点は、撮影条件によって影の部分に出てくるノイズ。GH2で搭載された2.6倍のEXテレコンを使うと、特に目立ちます。
レンズでの手ブレ補正は、動画撮影時にはあまり効果が得られません。ただし、EVF機であるためファインダーを覗きながらの動画撮影が可能であり、ある程度安定させることが可能です。
GH1からの地道な改善点も見られ、自分としてはかなり満足度が高く、お勧めできる一台です。

2010/11/09

PanasonicのGH2で静岡ガンダムと夜のアキバを撮ってみた

自分のライフワークともいえる実物大ガンダム撮影と、街中の夜景のテストとして夜のアキバを撮ってみました。

■静岡ガンダム
静岡ホビーフェアの会場の来場者100万人に到達し、記念品の贈呈式が行われていました。100万人目となった家族の皆さんは、初めて来場されたとのことです。
記念のくす玉
100万人達成おめでとうございます
記念のミスト噴射

Camera : Panasonic DMC-GH2
Lens : LUMIX G VARIO HD 14-140mm
Lens : LUMIX G 20mm
Music:PROPANMODE(http://propanmode.net/) asa-one after

■夜のアキバ
夜の街中のテスト撮影としてアキバを撮ってみました。近いうちに14mm F2.5を購入予定であり、事前確認も兼ねてほとんどのシーンをf2.8で撮影しています。 撮ったそのままだとアキバのごちゃごちゃした感じが出なかったため、各クリップを重ねて多重露光風にしてみました。
ツクモとドンキホーテ

2大キャラクターの競演
ラジオ会館のネオンを見るとアキバって感じがします
ガンダムカフェ
Camera : Panasonic DMC-GH2
Lens : LUMIX G 20mm
Music:PROPANMODE(http://propanmode.net/) walking_003

2010/11/04

PanasonicのGH2でいろいろ撮ってみる

自分にとって夜景のベンチマーク的撮影場所となりつつある横浜のコスモワールドと、ちょっと気分を変えて東京の根津神社での撮影を試してみました。

■横浜コスモワールド
20mmのパンケーキ一本のみで撮影です。
GH1では720pでMFにすると1/2までシャッタースピードを落とせましたが、GH2ではFullHDでもこれが可能となっていましたので、さっそく微速度撮影の素材として試しました。また、EXテレコンでの撮影も試しています。01:02からがEXテレコンあり、01:09からがEXテレコンなしです。
事前に確認したとおり、高感度での動画撮影で大きく問題となるノイズの発生はありませんでした。

EXテレコンあり
EXテレコンなし
SS1/2で撮影
ISO3200で撮影(だったと思う)

Camera : Panasonic DMC-GH2
Lens : Limux G 20mm
Music : PROPANMODE(http://propanmode.net/) continue2_010
 
■根津神社
東京十社の中で最も雰囲気のある神社です。光と影、そして様々な色を撮ることを心がけました。石や岩の灰色、空や青銅の青、建物の朱色や赤、葉や苔の緑が交互に出てくるような映像に編集しています。
時の流れを感じます
ちょうどいい感じの光の当たり方でした
木々の葉の間からお日さま
こういう造形が結構好きです
漆が塗りなおされ綺麗になっています

Camera : Panasonic DMC-GH2
Lens : Limux G 20mm
Lens : Limux G Vario 14-42mm
Music : PROPANMODE(http://propanmode.net/) piano_008

vimeoからファイルをダウンロードできます(11/11ぐらいまで)

[Panasonic GH2] Nedujinja shrine from darwinfish105 on Vimeo.