2014/01/30

CineMoco Dollyでモーションコントロールなタイムラプスを試す

CineticsのCineMoco Dollyでモーションコントロールなタイムラプスのテストです。
四角いやつがコントローラ、3つのホイールのひとつがモーター駆動
購入するに至った過程は、
Genie+60cmのスライダーではGenieの幅もあるため、実際の移動距離は50cm以下
移動距離が1mぐらいないと移動撮影の効果を出すのが難しい
街中で1mのスライダーを使うのはさすがに迷惑すぎる
自走式のドリーなら移動距離の制限なし
いろいろ探してみる
lil-mule→モーターで動くだけで、レリーズを制御するコントローラーがない。絶対にブレる。
revolve→こいつもモーターで動くだけ。
Modulo Rover→最低でも$1,286と高すぎる。パーツの組み合わせもよくわからない。
Omni tracker Slim-Line Lite($495) + OmniDrive Time Lapse Dolly Kit($395)→こいつも高い。
CineMoco Dolly→ちゃんとタイムラプス用のコントローラがあり、値段も許容範囲。
といった感じです。

実際に試してみると、移動撮影の効果はほぼ期待通りだったのですが、置く場所の表面の状態に影響を受けやすいことが分かりました。銀座のように交通量が多く荒れたアスファルト舗装の上ではがたつきがひどく、まともに真っ直ぐに動かず、引っかかって途中で止まる場合もありました。白線の上はある程度滑らかなので使えます。また、表面がざらざらになっているようなコンクリートもだめでした。
白線の上はOK
横断歩道の手前
木の床はいい感じでしたが、隙間のところや、床を止めているネジの頭に引っかかった場合に、がたつきます。
隙間でがたつきが出る
さすがに近すぎた
また、こんな感じで隙間をまたぐように撮ろうとしたのですが、まっすぐに移動させるように調整するのが意外に難しく、結局、隙間に引っかかったりします。
移動しているうちにずれる
こういう構図だと移動撮影の効果が出やすい
芝公園のようにブロック状の舗装がされているところでは、ブロックのつなぎ目でがたつきが出ますが、表面のでこぼこが少なく結構いい感じで動いてくれます。ただ、動く角度によってはつなぎ目のところで止まってしまう場合もありました。
つなぎ目でがたつく

平和の灯が消えていたのはなぜ?
今回、一番良かったのは地下鉄の出入り口のところでした。隙間のところでちょっとがたつきますが、ほぼ気にならないレベルです。
見事に滑らか
前進して撮影
子供が興味津々で見てる
今回の動画では、この地下鉄の出入り口で撮影したシーン以外は、全てワープスタビライザーで補正をかけています。

付属のコントローラの設定はGenieと似た感じで、
・移動距離
・動画にしたときのフレームレート
・動画にしたときの再生時間
・撮影時間
・露光時間
等を設定して、撮影枚数、撮影間隔が決定されます。

CineMoco Dollyは、かなり撮影場所を選びますが、移動撮影の効果としては期待通りのものでしたので、よさそうな場所を見つけて、今後も使っていきたいと思います。

CineMoco Dolly time lapse test


camera : PENTAX K-3
lens : PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited
lens : PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED
music : Tab & Anitek - Analytix by Anitek
http://www.jamendo.com/en/track/1075186/tab-anitek-analytix


2014/01/24

タイムラプス動画の作り方2014 Part 4.映像を編集する

撮影した素材を元に曲を加え、動画を編集します。編集に使用するAdobe Premiere Proでイコライザーやクイックカラー補正のエフェクトの追加、KenBurns的なモーションの追加をし、より印象的な映像にします。

主に使用しているソフトは以下ですが、個々のソフトの説明をしてもしょうがないので、ここでは主にPremiereでの編集について記載しておきます。
・FastStone Image Viewer:画像の整理
・Lightroom 5:RAWからJPGへの変換
・Adobe Premiere Pro CC:動画編集
・Photomatix Pro 4.2:HDR合成処理


0.事前準備
1)SDカードからPCのHDD上へ撮影した画像を全てコピーします。
2)各カットごとにフォルダを作成し(フォルダ名はm1、m2、m3...等)画像をまとめておきます。Faststone image viewerを使うと便利です。
3)RAWで撮影した場合は、Lightroomで現像を行いJPGに変換します。オートブラケットで撮影した画像は、Photomatix Pro 4.2でHDR処理をしておきます。

1.Adobe Premiere Proの初期設定
自分は24fpsで動画を作成していますので、編集→環境設定→メディア→メディアの不確定メディアのタイムベースでフレームレートの初期値を24.000fpsと設定しておきます。

2.シーケンスの新規作成
左のプロジェクトパネルで右クリックし、新規項目→シーケンスで新たにシーケンスを作成します。FHD(1920x1080)で24fpsのプリセットを適当に選びます。4K UHD(3840x2160)の場合も同様に、解像度に合ったプリセットを選びます。

3.画像の読み込み
ファイル→読み込み(Ctrl+I)で、先ほど画像をコピー、作成した各フォルダ内にある先頭の画像を選択します。Premiere Pro CCでは、自動的に画像シーケンスのチェックボックスがチェックされるはずです。[開く]をクリックして画像をまとめて読み込みます。

クリップの名前が先頭のファイル名となっているため、分かりやすいように「撮影日-m1」等に名前を変更します。この作業を全てのフォルダで繰り返します。
一通り読み込みが完了したら、まずはタイムラインに並べてみます。この際に、下記の警告が出た場合は[現在の設定を維持]をクリックします。

タイムラインに並べた直後は、スケールが100%のままですので等倍表示になっています。一つのクリップを選択して、エフェクトコントロールからモーションのスケールを変更します。K-3の場合の最大画像サイズは6016x4000ですので、FHD(1920x1080)にした場合は、1920÷6016=0.03191...=32%が横幅を合わせたスケールの値です。

モーションをCtrl+Cでコピーし、全てのクリップを選択してCtrl+Vで貼り付けてスケールを設定、レンダリングしてみます。Lightroomで、まれに現像のパラメータが適用に失敗していることがあるため、一旦、この段階でチェックしておいたほうがいいです。

4.曲の選択とクリップの配置
クリップのイメージにあわせて曲を決めていきますが、ここが一番の悩みどころで、時間がかかります。使用している曲のほとんどは、CCライセンスで良質な楽曲が提供されているJamendoのものを使っています。これまで制作した動画で使用した曲のプレイリストを置いておきます。

曲のテンポ、曲調の変化に合わせて手動でマーカーを打ち、配置するクリップの長さを決めます。
クリップの基本的な配置方法は、
1)シーケンスの先頭の5秒はタイトル用にする。
2)最初の30秒程度で、ベスト3となるような魅せるカットを入れておく。
3)同じようなカットを続けず、色や構図などを変化させる。このため、撮影場所毎にトラックを分けておくと、整理がしやすい。
といった感じです。

5.エフェクトの適用
エフェクトで追加するのは、イコライザーとクイックカラー補正ぐらいです。

5-1.イコライザー
シャドーを持ち上げ全体を明るく見せます。ちらつきを抑制する効果もあります。あまり強くするとノイズが目立ったり、不自然に見えたりする場合があるため、確認しながらパラメータを調整します。
イコライザー適用前
イコライザーを24%適用
イコライザーを50%適用
5-2.クイックカラー補正
ホワイトバランス、シャドー、ハイライト、彩度の調整に使います。HDRの画像をイコライザーと組み合わせて調整すると、このように絵が変化します。
元の画像
イコライザー48%適用
クイックカラー補正で色相を変化させ、彩度を下げる
6.KenBurns的な効果を付ける
モーションのパラメータを変化させてズームやパンを加え、映像に動きを付けます。
例えば、モーションのスケールを変化させることで、ズームアウトの効果を付ける場合は、以下のようにします。
1)クリップの先頭のフレームに移動して、スケールの横にあるストップウォッチをクリック。最初にスケールで設定した値は32だったので、これを52に変更する。
2)次にクリップの最後のフレームに移動して32と数値を入力。
これでズームアウトの効果が付きます。なお、スケールの値は画像サイズによって変わります。
また、位置のパラメータを変化させることで上下左右の動きを付けられます。もちろん、スケールと位置を組み合わせて使うこともできます。

7.書き出し
タイトルを付けて一連の編集が終わったら、一旦レンダリングをしてチェックし、クリップの入れ替えや微調整を行います。
書き出しはH.264のmp4ファイルの形式にし、FHDは24Mbps、4K UHDは96Mbpsのビットレートを設定、最高レンダリングにチェックを入れ、プレビューを使用のチェックは外します。
あとは、レンダリングが終わるのを待つだけです。



2014/01/22

タイムラプス動画の作り方2014 Part 3.撮影する

いよいよ撮影ですが、まずは、必要な撮影枚数と撮影時間をあらかじめ考えておきます。

撮影枚数は、動画にしたときのフレームレートと必要なカットの長さに従って決めます。自分の場合、24fpsで動画を作成します。使う楽曲にもよりますが8~12秒程度のループとなるような曲を使うことが多いため、余裕をとって15秒程度の長さのカットが必要です。このため、必要な撮影枚数は、
 24fps x 15sec = 360frame
となり、1回の撮影枚数は最低でも360枚必要となります。

各シーンでの基本的な撮影方法として以下の撮り方をしていますので、昼間に雲を撮影する場合は撮影だけで30分、撮影前後の準備などを含めると40分程度の時間が必要となります。
日中の雲の動き:5秒間隔のインターバル撮影
5sec x 360frame = 30min
人や車の動き:0.5~1秒で連写
1sec x 360frame = 6min
俯瞰での夜景の撮影:3秒程度で連写
3sec x 360frame = 18min
なお、連写時は、カメラ内の画像処理やカードへの書き込み等により、1枚あたりの処理時間はシャッタースピードよりも0.5~1秒程度長くなりますので、撮影時間にはその分のマージンが必要です。

0.事前準備
タイムラプス撮影時には、カメラの設定をいくつか変更しておきます。カメラメーカーにより各設定の名称が異なるため、Panasonic GH3とPentax K-3を例にしておきます。
1)撮影後のプレビューは必要ないためプレビューなしにします。
  GH3:オートレビュー→OFF
  K-3:クイックビュー→オフ
2)カメラを固定しての撮影ですので、手振れ補正をOFFにします。
  GH3:手振れ補正→OFF
  K-3:Shake Reduction→OFF
3)画像の記録設定
最近は撮影枚数が多くなるブラケットの撮影以外はRAWで撮るようになりました。撮影後の現像処理が必要なため作業時間も増えますが、画像の解像感、ノイズリダクション、ホワイトバランスやハイライトのリカバリなどの調整幅が大きいため、RAWで撮ることをお勧めします。
JPGで撮る場合は、撮影シーンに合わせて以下のように画像の設定を変えています。ISO感度を上げる夜の撮影では、編集時のエフェクトの追加でノイズが目立つ場合があるため、コントラストの低い設定にし、必要に応じてノイズリダクションをかけます。なお、画像サイズは最大サイズを設定しています。
  GH3:フォトスタイル 昼:風景 夜:ナチュラル(NR+3)
  K-3:カスタムイメージ 昼:風景 夜:ナチュラル
4)撮影時間が倍になってしまう、長秒時のノイズリダクションをOFFにします。
  GH3:長秒ノイズ除去→OFF
  K-3:長秒時NR→OFF

1.大まかな構図を決める
こんな感じで構図を考えて撮っています。
・景観の主体となるものを左か右に寄せて、一方の空間に広がりを持たせる。


・建物と人や車を対比させる


・手前になにか入れて奥行きを出す。


・特徴のあるものはドンと真ん中に置く



2.カメラを固定する
基本的には三脚を使用しますが、撮影場所により三脚では対応できない場合がありますので、その場合に使用している機材も紹介しておきます。

1)三脚
主に屋外で使用しますが、足を縮めた状態で展望台等でも使用します。六本木ヒルズは床置きに近い状態となりますし、サンシャイン60は窓ガラスまで奥行きがあるため、ミニ三脚ではなく普通の三脚を使用した方が撮りやすくなります。
GITZO GT1541T
Really Right Staff BH-25 Pro
カーボン製の三脚と小さなボールヘッド雲台で軽量化とコンパクト化を図っています。
GITZOの三脚GT1541Tは、後継のGT1544Tの販売に伴い販売終了となっています。雲台は最近購入した Really Right Staff BH-25 Pro。両方あわせて重量は1.2kg弱です。カメラにはアルカスタイルのプレートを使用しています。
この写真で使用している雲台はGITZOのGH1781TQR
華奢な感じがするかもしれませんが、広角の撮影となるためか、突風が吹いたとき以外で撮影結果にブレなどの不都合を感じた経験はありません。タイムラプスにおいて三脚は必須の機材ですので、持ち出すのが面倒になるような重くかさばる三脚は購入を避けるべきだと考えます。価格.comで、本体重量1kg以下、縮長50cm以下、搭載重量4kg以上、最高全高1400mm以上で三脚をスペック検索すると、選択肢としてはこんな感じになります。
Velbon ULTRA MAXi mini
ミニ三脚としてVelbon ULTRA MAXi miniを購入していますが、あまり使用頻度は高くありません。横浜ランドマークタワーの展望台等は、窓ガラスの手前が腰ぐらいの高さまであるため背の低いミニ三脚のほうが撮影がしやすいと思います。

2)狭いスペースでの固定機材
渋谷等の人通りが多い場所や歩道橋のように三脚を置ける十分なスペースがないような場所でのカメラ固定用に、Kenko クランプポッド プロ100ゴリラポッドを使用しています。
歩道橋でクランプポッド
渋谷でGenieとクランプポッド
渋谷でゴリラポッド
水上バスでゴリラポッド

3)窓ガラスへの固定

 Cullmann Suction Pad
東京タワーの特別展望台、横浜マリンタワーは窓ガラスの手前に手すりしかなく、場所も狭いため、吸盤式ボールヘッド(Cullmann Suction Pad)にミニ三脚のセンターポールを付けて使用しています。また、ゆりかもめの先頭での撮影でもこれを使いました。後継機種がLPL VH-205となるようですが、多少形状が変化しているようです。
吸盤での固定方法は主に車載系で使われていて、Kenkoが出しているバキュームマウントグリッパーが比較的多く使われているようです。
東京タワー特別展望台
横浜マリンタワー
ゆりかもめ


3.構図を決める
カメラを固定し、LVで水準器等を使用して最終的な構図を決定します。動画にしたときには19:6や2.35:1のアスペクト比となるため、画像の上下がトリミングされることを前提にしてください。
マニュアルフォーカスでピントを合わせておきます。PENTAXのDA15やCanonのEF24mmF2.8等は、無限遠にコツっとあたるぐらいで大丈夫です。

4.絞り、シャッタースピード、ISOを設定する

4-1.基本的な設定
通常、露出モードはMを使用し、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスを固定します。

パンフォーカスでの撮影となりますが、被写界深度を得ようとして絞りすぎると逆に解像感が落ちていくので、
  マイクロフォーサーズ:F5.6、APS-C:F8、フルサイズ:F8~11
を基本的な絞りの値としています。各レンズの絞りによる解像度の変化については、Photozoneが参考になります。

絞りを決め、撮影シーン毎にシャッタースピードとISOでカメラの露出計が0EVとなるように調整します。
1)雲の動きの撮影(昼のインターバル撮影)
より良い撮影結果を得るためには、NDフィルターを使用してシャッタースピード遅くします。シャッタースピードを遅くすることで、シャッターユニットの動作時間のバラつきを少なくし、ちらつきを抑制します。
2)チルトシフト、人や車の動きの撮影(連写)
  昼はNDフィルター(ND400等)を使用し、夜はISOを調整して、シャッタースピードを0.5~1秒に設定します。必要に応じて絞りやISOを変更します。
3)俯瞰での夜景の撮影(連写)
 シャッタースピードが3秒程度になるようISOを調整します。必要に応じて絞りを変更します。

ホワイトバランスも固定します。昼は「太陽光」を使い、夜は3800Kに設定しています。

4-2.夕暮れ時の設定
夕方のように徐々に暗くなる場合は露出モードAv(A)で絞りを設定して撮影しますが、露出の変化の追従がなかなかうまくいかず、ちらつきが出る場合が多いです。
これはPanasonicのGH3で撮影間隔を5秒にしてレインボーブリッジを撮影したものですが、撮影開始と終了で、
撮影開始時:F5.6 SS1/13 ISO200 → 撮影終了時:F5.6 SS2.5 ISO400
と露出が変化しました。
撮影開始時:F5.6, SS1/13, ISO200
撮影開始時:F5.6, SS2.5, ISO400
カメラ任せのISO AUTOで撮ると、すぐにISO感度を上げる傾向があり、ISOの上限値を設定できないカメラでは、割り切ってあらかじめISOを上げて設定します。また、シャッタースピードが撮影間隔の5秒に近づいた際にISO感度を手動で変更するといった方法もありますが、内蔵のインターバルタイマでは、途中で設定の変更は出来ないため、こういう場合は外付けのインターバルタイマを使用します。
なお、OVF機ではファインダーからの入射光で露出計が影響を受けるため、ファインダーキャップをして入射光を防ぐ必要があります。

4-3.HDR用の設定
オートブラケットで露出の異なる複数枚の画像を撮影し、撮影後にPCでPhotomatix Proを使ってHDR処理を行います。
HDRは実物大ガンダムにぴったりの表現方法
自分の場合は、適正露出を含め3枚の撮影を行っています。
・GH3の場合
3枚撮影時には±1EVが上限となります
内蔵のインターバルタイマとの併用の設定ができないため、外付けのインターバルタイマを使用します。オートブラケットを連写で撮影するように設定した上で、インターバルタイマでレリーズ時間を2秒程度に設定することで、3枚分を撮影可能にします。
・K-3の場合
3枚撮影時には±2EVまで設定可能です。
内蔵のインターバルタイマはHDRと併用可能ですが、処理時間がかかるため20秒以上の撮影間隔となり、この機能は使用していません。外付けのインターバルタイマを使用します。
PENTAXはワンプッシュブラケットをオンにすることにより、1回のレリーズで3枚まとめて撮影可能ですので、外付けのインターバルタイマでレリーズ時間の設定は必要ありません。

5.試し撮り
撮影を始める前に2,3枚程度の試し撮りを行い、露出や構図を確認します。
雲の撮影で雲が白く飛んでしまっては意味がありません。RAW現像や編集時にある程度調整できるため、若干アンダー気味にします。これまでの撮影経験では、露出計で0EVとした場合、Panasonicはオーバー傾向、SONYはアンダー傾向があるようです。
また、展望台からの撮影時には、窓ガラスへの室内照明の映り込みを防ぐため、ラバーフードやサンバイザー等でレンズの周囲を覆います。照明の映り込みがないかも確認します。

6.撮影を開始する
インターバルタイマを使用する場合は、必要枚数と撮影時間を設定して撮影を開始します。
連写での撮影はレリーズをロックして連写を開始します。なお、PENTAXの場合は、リモコンで連写の開始/停止の制御が可能です。
後は撮影完了まで、雲や人や車が勝手に動いてくれるのを待つだけです。